スポンサードリンク

転職ガイド・転職情報、口コミサイトTop >  転職の準備 >  転職のための準備

転職のための準備

『転職について』 転職のための準備

転職を決めたらまず準備をしましょう。
転職には体力も精神力も必要ですし、費用も時間もかかります。
十分準備をしてから進めていくことが大切です。

就業しながらの転職活動

今の会社に勤めながら、転職活動をするのは大変な事です。
会社探し、履歴書・職務経歴書の作成・送付、面接の設定や会社訪問・・・。
しかし、採用する企業側からすれば、会社を辞めて日がある人よりも、
ブランクなしでそのまま就業できる現職者の方が即戦力になり、
好む傾向が強いのは事実です。
面接時の条件面での話も進めやすくなるでしょう。
実際、会社を辞めてからになると、自己都合での退職ということで
失業保険の給付までには3〜4ヶ月の期間がかかり、
その間は収入がなくなり、生活に支障も出ます。
健康保険や年金などの手続きも面倒ですよね。

在職しながらの転職活動には、いくつかコツがあります。
コツをつかみ、うまく活動をしていくことが大切です。

転職の時期

企業によって、通年人材を求めているところもありますが、
求人数が増える『転職の時期』というものがあります。
いい人がいれば採用しようという考えの企業も、
この『時期』によっては、意欲的に人材を確保しよう、
しなければならないとする時ですので
採用のバーが下がる可能性があります。

転職の時期としては、年度の締めの3月で退職者が出るので、
4月入社できる人を求めるために2月終わりから3月半ばごろまで、
12月のボーナスをもらってから退職をする人の補充として、
年明け1月に入社できる人を求めるため、11月半ばから12月末
ぎりぎりまでが多いのですが、
新入社員の早期退職者の補充としてGW明けの5月半ば〜6月、
夏休みにUターン、Iターン転職を考えて
転職する人の補充として9月ごろも少し求人数が増えるでしょう。

とはいうものの、近年は新卒の採用も定員に満たない、
いわゆる『人手不足』の状況が見えてきていますので、
いい人材がいればすぐにでも!という企業も少なくありません。
『根気よく、時期もみながらの転職活動』をおすすめします。

転職の準備

転職をするにあたっての準備、退職に付いてなど

関連エントリー

転職での履歴書の書き方
転職のための準備
転職の際、退職時のポイント


免責・注意事項

正確な情報を提供することに努めていますが、最終的な判断はご自身によるものとさせて頂きます。当サイトでは一切の責任を負いかねますので、ご了承ください。
転職情報です。転職、退職される方の参考になる情報満載です。