スポンサードリンク

転職ガイド・転職情報、口コミサイトTop >  転職のツール >  転職の為の施設、媒体、ネット

転職の為の施設、媒体、ネット

転職のツール』転職ツールのいろいろ

ハローワークの利用

転職に際し、求人情報が集まる場所ということで、
ハローワークの利用は定番です。
ハローワークの利用料金は無料ですし、
『就職』について求人だけでなく、さまざまな情報も集まる場所ですので、
情報収集に行くのもいいでしょう。

ハローワークでは面接も事前に断られることが少ないので、
書類だけでの不採用はほとんどなく、
人物面もみて判断してもらえます。
また、直接ハローワークに行かなくても自宅のパソコンから
民間やハローワークの求人情報を検索することも出来ます。
 
参考URL http://www.hellowork.go.jp/top.html

インターネットの利用

近年はインターネットの普及により、
パソコンでの求人情報の検索や応募が一般的になりました。
厚生労働省が運営する『しごと情報ネット』では、
転職の求人情報提供会社や民間の職業紹介会社、
ハローワーク等が持っている求人情報を検索することが出来ます。

また、リクルートが運営する『リクナビNEXT』は
転職者に必要な情報が満載の転職情報サイトで、
たくさんの方が利用しています。

こういった転職情報のサイトを利用する、
また、気になる企業があれば、その企業のHPから
直接応募できるということもありますので
大いに活用しましょう。

また、『会社四季報』や『未上場版会社四季報』などを
出版している東洋経済新報社のwebサイト
(http://www.toyokeizai.co.jp/)には、
さまざまな会社の業績情報などが載っていますので
参考にしてみるのもいいでしょう。

求人情報誌・新聞・広告の利用

書店にも、さまざまな求人情報誌が出ています。
週刊誌や月刊誌をみてさがすのもいいですし、
業界関連の書籍を購入するのもいいでしょう。

会社四季報を参考にしたり、
新聞紙から転職の求人情報を参考にするのも1つです。

さまざまなツールを使って、まずは情報を仕入れ、
転職の参考にして応募しましょう。

転職のツール

転職する際に活用するツール、施設、媒体などについて

関連エントリー

転職フェアに参加するメリット
転職の為の施設、媒体、ネット


免責・注意事項

正確な情報を提供することに努めていますが、最終的な判断はご自身によるものとさせて頂きます。当サイトでは一切の責任を負いかねますので、ご了承ください。
転職情報です。転職、退職される方の参考になる情報満載です。